「ヘンリーズバーガー」人気の焼肉屋さんがプロデュース!

ハンバーガー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

代官山にある「ヘンリーズ バーガー(HENRY’S BURGER)」は、有名な焼肉屋さんの「炭火焼肉なかはら」が手がけるバーガーショップ。黒毛和牛を使ったパティが特徴で、肉好きにはたまらないハンバーガーです。

今回は代官山店のほうに訪れたのでさっそくご紹介します。

スポンサーリンク

「炭火焼肉なかはら」がプロデュース

市ヶ谷の焼き肉の名店「炭火焼肉なかはら」がプロデュースしているバーガーショップが代官山と秋葉原にあります。代官山が1号店ということでそちらに伺いました。

場所は代官山駅から歩いて2,3分ほどで、大きな通り沿いにある赤い店頭が目印です。

基本的にはテイクアウトがメインで店内の席数は5席ほどを少なめです。写真の左はオーダーカウンターで右側1列が客席となってます。写真奥はキッチンになっていてオーダーが入るとバーガーを作るみたいですが、ガラス越しに調理の工程も覗けますよ!

スポンサーリンク

A5ランク黒毛和牛のパティが美味しいバーガー

メニューはとってもシンプルです。パティを何枚にするか、チーズを入れるかどうか、後はセットにするかどうかですね!

黒毛和牛を存分に楽しみたい方であればダブルやトリプルがオススメです!

パティは黒毛和牛を粗めにミンチにし、つなぎを使っていないそう。またスマッシュと言う手法でオーダーが入ってからその場で鉄板にプレスしながら形成されます。さらにパティを焼き上げる鉄板は余分な脂が落とせるように少し斜めになっていました。

さらに7つのこだわりがHPに掲載されています。

① 中原健太郎厳選の黒毛和牛100%の超粗挽き肉
肉職人・中原健太郎が厳選し一頭買いした牛(A5ランク黒毛和牛処女牛)を、肉本来の食感をお楽しみいただけるよう「超粗挽き」のひき肉に仕上げました。
② 「ツナギ」なしのパティ
いわゆる「ツナギ」は一切なし、厳選黒毛和牛本来の味をダイレクトに味わっていただけるパティです。
③ 旨みを引き出す「焼き」の技術
そのまま焼いたのではバラバラになってしまうこのお肉を、パティとして仕上げる独特の焼き方で、肉の旨みと香りを封じ込めていきます。
④ 肉の存在感を前面に押し出すオリジナルレシピバンズ
黒毛和牛の脂の甘みを受け止めつつ、さくっとした食感でパティをしっかり支えます。
⑤ 必要最小限の定番野菜
バーガー定番の一番シンプルなトッピングで、食感とコクをプラスします。
⑥ 具材をまとめるオリジナルソース
ほどよい酸味がアクセントの特製ソースは、各具材を一つのハンバーガーとしてまとめる名脇役です。
⑦ 口に入れた瞬間から広がる、心地よいバランス
ハンバーガーはバランスが命。「リッチだけれど、いくらでも食べられそう」そんなハンバーガーを目指しました。考え抜かれた素材による、最高のハーモニーをお楽しみください。

これは楽しみですね!

僕はハンバーガーとして楽しみたかったので、シングルをオーダー。

実際に提供されてみると全体的には他のバーガーショップから比べるとやや小ぶりな印象ですが、パティはシングルといえどなかなかのボリュームです!

中を見てみるとオーロラソースが!ソースだけ食べてみるとケチャップ、マヨ、チリパウダー、ピクルスなのかな?

ではさっそくガブッと!

スポンサーリンク

実際に食べてみると

イメージ通りの肉のインパクトがすごい!トマトやレタスの野菜は最小限になっていてバンズもサクッと軽めです。ソースも全体のバランスを整えながら肉の旨味を引き出すそうな程良い酸味で、女性の方でもバーガー全体を軽やかに食べれます!

まさにお肉屋さんならではのハンバーガー!さらに味のバランスが計算されていてバーガーとして美味い!

これは1人2セットくらい全然いけます笑

ダブルやトリプルではもっと肉を食べている感じが味わえるんだろうなと思います!

店舗情報

僕が行ったときは行列はありませんでした。テイクアウトがメインなので、ピークタイムに行ってもそこまで待たないかもですね!

店名ヘンリーズバーガー
住所〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1丁目36−6
電話番号03-3461-0530
営業時間11:00~20:00
定休日なし
食べログヘンリーズバーガー_食べログ
タイトルとURLをコピーしました